【成功企業紹介・その1】グノシー

2015-04-24

無題

人気のニュースアプリ・グノシー

近年急速に成長し、利用者数を伸ばしているのがニュースアプリ・グノシーです。ニュースアプリは主にスマートフォン向けに開発されたもので、各メディアで発信されたニュースやコラムなどの内容をまとめ、アプリを起動させればそれらの情報を手軽に入手できるようになっています。

スマートフォンの普及、またはネットワーク技術の革新によって、より速報性のある情報の入手が求められるようになってきました。新聞よりも手軽に、また最新ニュースのほかにも各種お役立ち情報なども入手でき、さらにそれがちょっとした空き時間に短時間にできることがニュースアプリの大きな魅力です。

そのニュースアプリの特徴やニーズを的確にとらえ、ユーザーが欲している情報を幅広く、また迅速に提供できるようなシステムを構築したのがグノシーであり、そのアプリを提供しているのが株式会社Gunosy(グノシー)なのです。

無題

グノシーの起業エピソード

今や多くの方の情報獲得ツールとして利用されているグノシー。このアプリを提供する企業を立ち上げたのは、株式会社Gunosy代表取締役の福島良典氏です。福島氏が自らの事業に掲げた経営理念とは「情報を世界中の人に最適に届ける」ということであり、そのために最適なシステム構築を行うことを目指した結果、現在リリースされているアプリの開発に至っているわけです。

株式会社Gunosyとは、福島氏を中心として2012年に創業された会社ですが、その創業メンバーは福島氏をはじめとした学生当時の友人であったとのことです。にもかかわらず、福島氏は学生仲間で起業することは避けた方がよいと明言しています。

その真意とは、たまたま仲間であった人材が必ずしも事業展開に適した人材とは限らないということであり、株式会社Gunosyに関してはたまたま起業メンバーに恵まれていたとの旨を話されています。起業に必要なものは、本当に必要な人材を集めることと、そのための資金を確実に調達できることなのです。

グノシーの最近の動向

柔軟な発想力と恵まれた人材、そして枠にとらわれない行動力などといった要素を持った株式会社Gunosyは、今や人気ニュースアプリとして成長したグノシーのリリースについて確実に業績を上げています。
2012年11月に会社を創業し、翌年1月にはグノシーiOS版、2月にAndroid版を続けてリリースして以降、1年も経たない2013年9月には累計100万ダウンロードを突破しています。その後、海外版リリースなども積極的に行い、2014年8月には累計で500万ダウンロードを達成する大人気アプリに成長しました。

その業績の甲斐あり、2015年4月にはマザーズ上場を果たしました。これは創業2年半で修めた実績です。グノシーがここまで成長した理由とは、もともとソーシャルメディアとして展開していた方針から、多くのジャンルをまとめた話題を幅広く閲覧できるアプリへと方針を転換したことにあると言われます。

それに伴い、テレビCM放映も数多く行われるようになりました。これにより、、名実ともに業界第一線を走る企業へと発展しています。

 

画像引用:http://gunosy.com/

Copyright(c) 2015 Enteree All Rights Reserved.