成功する事業計画書作成のコツ

2015-04-24

 

記事④写真_アントレ

事業計画書の目的を考える

これから起こそうという事業を、多方面に、明確にアピールするために必要なのが事業計画書です。事業に関する詳細が明確であればあるほど、また具体的であればあるほど、その事業の関係者を納得させることができるのです。

では事業計画書はどのような目的で作成するのでしょうか。まず重要なポイントとしては、起業に関して出資や融資を行ってくれる金融機関や、創業補助金を取り扱う該当機関などへのアピールという点が挙げられます。ここに失敗すると、思ったような資金繰りが立ち行かなくなる可能性もあるのです。

そして何より、自分自身が事業内容について整理を行い、さらにその内容を精査する目的もあります。事業計画書の作成を通じて、自分の中でさらに事業内容をスマートに、そして問題点を見つければ修正を繰り返していくことができるのです。

事業計画書に必要な項目

起業に当たってのかなめとなる事業計画書について、どのような視点から作成を進めていけばよいのでしょうか。
そこにはビジネス展開についての基本中の基本があります。そして、そこをさらに広げていくことで、より詳細な内容に精査することができます。

ビジネスにおいて状況説明をする際、またその内容を具現化する際には一般的に5W1Hという項目が基本とされています。その項目とは以下のものです。
・What(何を)
・Who(誰が)
・When(いつ)
・Where(どこで)
・Why(なぜ)
・How(どのように)

また、ここからさらに項目を発展させた形として、以下のものを加えることもあります。
・Whom(誰に)
・How many(どれくらい)
・How much(いくらで)

これで6W3Hとなり、さらに事業に必要な説明内容が詳細になります。

fe9228c0fb64f5336a8114eebaadb7ab_s

フォーマットどおりでなくてもよい

上記の基本的な項目を踏まえ上で、事業計画書に盛り込むべき内容は、会社の概要や目的、特徴、事業を実現するための仕入れや販売方法といった進め方の基本から、そこに付随すると考えられるリスクや同業他社との競合などといった想定まで行っておくことが理想です。
プラス面もマイナス面も具体的に構築することでビジネスが地に足のついたものとなり、信頼度を増すことができるわけです。

こうした最低限の内容は押さえておくことが望ましく、それぞれの項目に基づいて作成されたフォーマットは数多く出回っています。インターネットでその書式をダウンロードできるものも多くあります。
しかし、その内容にとらわれ過ぎると逆に混乱してしまう可能性もあり、作成が滞ってしまうことも考えられます。
必ずしもフォーマットどおりでなくても構いませんから、自分の中に事業のビジョンをより明確にできる事業計画書を作ることを心がけましょう。

Copyright(c) 2015 Enteree All Rights Reserved.